ウッドデッキ・テラス屋根

リビングとガーデンをつなぐウッドデッキ。

家と庭をつなぐウッドデッキ

外につながる「もう一つのリビング」として、ウッドデッキは昔から変わらない人気を誇ります。
手軽にリビングスペースを広げることができるので、お庭のプランに取り入れやすいのが理由です。

リビングとガーデンをつなぐ役割を持つウッドデッキ。
想像してください。

木のぬくもりを感じながら、家族との団らんや友人とのティータイムをのんびりと過ごしている様子を。
それはとても幸せなひとときです。

しかし、天然木のデッキには、木特有の質感やあたたかみのある風合いといったメリットがある一方、雨風や日光による劣化や腐食のデメリットがあります。

そこで最近主流となっているのが、人工木ウッドデッキです。

人工木といっても、その素材は製造過程で有害なものは使用しておらず、リサイクル可能なものであったり、原料に再生木材を使用していたり、と環境に配慮したエコな商品であることが特徴です。

■人工木ウッドデッキの主なメリット
・長期間変色しにくい
・腐食やシロアリの心配がない
・基本的にメンテナンスフリー
・耐水性に優れていて水はけが良い
・傷が付きにくい
・ささくれができない

家族との食事やホームパーティの場として

リビングやダイニングから直接段差なしでつながるウッドデッキは、
庭を眺めながら食事ができる開放的なスペースです。
ささくれもできないので子供たちが裸足で過ごしても大丈夫。
いつもと違う景色の中で外の空気を感じながらの食事は、会話を弾ませ、自然と笑顔になり、
とっても癒されるひとときになるでしょう。

家と庭をつなぐ子供の遊び場として

家と庭の間には、思いのほか大きな段差があります。
それが原因で、庭に全く出ることがなくカーテンも閉め切って生活している方も多くいらっしゃいます。
ウッドデッキはそんな段差を解消してくれます。
例えるなら、家と庭を快適につないでくれる大きな「お縁」のようなもの。
ウッドデッキがあることで外へ出やすくなり、室内のみで過ごすよりも広々とした気分で生活することができるようになります。子供の遊び場としても、土汚れが付かない、ささくれがでない、もし汚れても水洗い等メンテナンスが簡単、など安心して使用することができます。

テラス屋根・バルコニーで生活をもっと快適に

窓に取り付けるテラス屋根は、生活の質を高めてくれます。
日差しをやわらげて雨の吹き込みを防いでくれますので、友人を呼んでカフェテラスにようにも使うことができます。
また、洗濯物を雨に濡らすことなく干したいというときや、天候を気にせずペットのお世話や自転車のメンテナンスをしたい、というときにも活躍するのがテラス屋根です。

用途や設置場所によってサイズやデザインは様々ありますので、ライフスタイルに合わせた1台を選んでいただくことができます。

テラス屋根の種類

基本的に、リビングやバルコニーの窓外に取り付けるタイプのテラス屋根です。
強い日差しを遮り、雨の降り込みを防いでくれます。
また、勝手口外のバックヤードに設置しすることで、食料品・生活用品のストック場やゴミ置き等のスペースとして活用することもできます。
「窓を開けるとお隣や道路から丸見えで視線が気になる。」という方にピッタリなのは、正面に目隠しの付いたタイプ。視線も気にならず、カーテンを開けることができて生活の幅が広がります。これまで活用できていなかったスペースを使うことで、体感する住まいの広さは1.5~2倍にもなるでしょう。
オシャレな日よけが欲しい方には、オーニングという手があります。
カフェのオープンテラスのような雰囲気をお望みであれば、最良の選択となるでしょう。
使用しない時はコンパクトに収納することが可能ですし、駆動方式も手動/電動から選ぶことができます。
日よけ効果の高いオーニングで快適なエコ生活を実現しませんか?
大きな屋根でなくてもいいという方は、後付け可能な庇はいかがでしょうか。
庇であれば柱を立てずに設置ができるため、小さな窓やデザイン上柱の設置が難しい場合でも、日よけや雨よけとして活用できます。
バリエーションも意外と豊富な庇は、手軽な日よけとして検討してみる価値はあるでしょう。
少し変わったところでは、後付け可能なバルコニーもあります。
「お庭は欲しいけど、うちは狭いからなあ。」という場合でも、今ある空間の上を活用できれば、そこをお庭にすることができます。
駐車スペースの上の空間、アプローチの上の空間、など実はまだ住まいの中には空いている空間があります。そこを活用できれば、生活の幅はグンとひろがるでしょう。
また、駐車スペースの上に設置するバルコニーは、ガレージ屋根としての役割も果たします。
住まいに新しいくつろぎスペースをつくり出す後付けバルコニーを、一度考えてみませんか?