KAEDE STYLE

資料請求
無料相談会
電話で相談

【お客様インタビュー】Iさま

お客様インタビュー・口コミ

新築計画で忙しくて、正直エクステリアどころじゃなかった

ーーーIさまは、新築計画時にカエデスタイルにご相談くださいましたね。当初からエクステリアやお庭のことをお考えだったんですか?

奥さま: いえ、具体的な計画はありませんでした。ハウスメーカーさんが「とりあえず予算はこのくらい見ておきましょう」とおっしゃったけど、今思うと低すぎましたね。土地も広いし、玄関まわりには高低差もあるのに…。

ご主人さま: それに私たちも家の間取りを考えることでいっぱいで、正直エクステリアどころじゃなかったんです。

ーーーなるほど。それではどの段階で、エクステリアやお庭のことを考えはじめたんですか?

ご主人さま: 家のプランが固まってからです。ハウスメーカーに紹介してもらった業者さんからプランが出て、最終的にはそれなりの金額になっていたんですが…。正直な感想は「この金額でこれ?」。はっきり言っていいか悪いかもわからなかった。たとえば「道路から目隠しをしたい」という希望は、たしかに叶えられているんですよ。でも何かが違う。

奥さま: そうそう。無理を言ってもう1社紹介してもらったけど、「ちょっとマシになったかな」というくらいで。それからやっと、自分たちで必死にインターネットで探しました。それで見つけたのが、カエデスタイルさん。HPのエクステリア事例がとてもステキで、「ついに見つけた!」って心の中で叫んじゃいました(笑)。

カエデスタイルのプランに衝撃。CGを見てわくわくしてきた

ーーー他の業者さんと同じご希望を、そのまま私たちに伝えてくださったんですよね?

ご主人さま: はい。「外から室内が見えないように」「キッチンからキレイな景色を眺めたい」「シンプルモダンな雰囲気」という点は、まったく同じでした。それだけに、カエデスタイルさんのプランを見たときは衝撃でしたね。 CGプランを見ていると本当にわくわくしてきて。すぐに『他の業者さんとはまったく違う会社だ』ということがわかりました。

ーーありがとうございます。 そういえばIさまは、最初のプランからほとんど変更がありませんでしたね。

奥さま: ええ。それはカエデスタイルさんのプランが理想的すぎて、変えようがなかったからです。「キッチンの窓からキレイな景色を眺めたい」とお伝えしたら、「ベンチのある中庭をつくりましょう」なんて提案してくださいましたよね。私たちのリクエストからプランがどんどん広がって、すごく楽しかったです。

ーーーうれしいです。私たちは、お客さまから「ウッドデッキがほしい」と言われると「そこで何をしたいのか?」を突き詰めて考えています。バーベキューをしたいのか、家族でくつろぎたいのか。すると理想のライフスタイルを叶えるのはウッドデッキじゃなくて、サンルームかもしれない。そういう想像を超えた+αのご提案に、ご満足いただけたんですね。

お客様インタビュー・口コミ

緑の景色を眺めているだけで、心が豊かになってくる

ご主人さま: 私たちは結婚してから家を建てるまで、4回も引っ越してきたんです。でもどの家も陽当たり・風通しが悪く、居心地が悪かった。

この家は目隠しフェンスを設けていただいたので、カーテンを開けたまま過ごせるようになりました。風も光もたくさん入ってきて、すがすがしい。このフェンスがなかったら、カーテンやシャッターを閉めたまま生活することになっていたでしょうね。

ーーーIさまの場合は、フェンスを家に近いところに建てる必要がありました。でも普通のフェンスだと暗くなるので、採光を確保するため、半透明のガラスを採用させていただきましたね。

奥さま: そうなんです。おかげでとても開放的です。カーテンを開けると抜け感がでて、実際の面積よりも広く感じられます。子供部屋は4.5畳ほどなのに、「本当にその広さ?」と思うくらい。

ーーー中庭は、植栽にもこだわりましたね。シンボルツリーには、四季を感じるもみじを選んでいただきました。

奥さま: はい。家で過ごしていると、あちこちに緑が見えて気持ちがいいんです。忙しくてバタバタしても、庭の緑が視界に入るとおだやかな気分になりますね。

もみじが紅葉すると四季を感じるし、ライティングされた夜の中庭からは違った雰囲気が伝わってきます。まるでリゾートで過ごしているみたい。旅行に行かなくても、緑の景色を眺めているだけでとても豊かな気持ちになるんです。「窓から見える景色にこだわってよかった」と心から思います。

テラスで朝食やランチ、宿題も。心地よく過ごせるセカンドリビング

ーーーテラスではどのように過ごされていますか?

ご主人さま: いつもは家族で朝食やランチをしています。親戚や友人が遊びに来たときは、すこし明るい時間から食事会をスタートするんです。ゆっくりと陽が落ちてきて、テラスがライトに照らされる。その景色も素晴らしいんですよ。ゲストはみんな大絶賛です。

奥さま気がつくと、家族の誰かがテラスで過ごしていますよ。子供はテラスで友だちと宿題をしてるし、主人はお風呂上がりにここでビールを飲んでうれしそう。

ご主人さま: そうそう。ライトに照らされた木の影を眺めながらビールを飲んでいると、「幸せだな~」としみじみ思いますね(笑)。

ーーーテラスは『リビングを外に広げていく』というコンセプトで、セカンドリビングのように仕上げました。Iさまのように、昼も夜もテラスで快適に過ごしてくださっているというお話を聞くと、私たちもうれしいです。

お客様インタビュー・口コミ

家のプランニングの”前”に相談したら、もっとこだわることができたのに

ーーーエクステリア・お庭づくりを振り返ってみて、いかがですか?

奥さま: とにかく、打合せがすごく楽しかった。家づくりよりも楽しかったくらいです。

でも「家のプランニングの前にカエデスタイルさんに相談していたら、もっとこだわることができたのに」という後悔もちょっとあります。できることなら先にエクステリアやお庭のプランをつくって、家の間取りを決めたかった。バスルームからお庭が見えるプランなんかも実現できたかもしれません。

ーーーIさまのお住まいはまだ計画段階だったので、わりと自由度はありました。でもおっしゃる通り、家と一緒にエクステリア・お庭を計画できたら、窓の取り方などをより工夫できたかもしれませんね。

それと、最初に予算の配分を明確にしておかなければ、家の建築コストが膨らんでエクステリアの費用が足りなくなってしまうこともあります。新築の計画と、エクステリア・お庭の計画は、一緒に進められたらベストですね。

奥さま: そうですよね。家を建てる時は『家の間取り』や『予算』ばかりが気になって、エクステリアのことは妥協しがちです。たとえば「駐車場は車を停められればいいかな」なんて。

でも、一番たくさんの人の目に触れるのは、”外観”なんですよね。いくら家の中がステキでも、ほとんどの人は家の外しか見ない。そのとき「ステキだな」と思うのは、エクステリアの影響が大きいと思うんです。そういう意味で、私たちはある程度のコストをかけられてよかったと思っています。

ご主人さま: うちはライティングにもこだわったので、外観がすごく目立つんですよね。ご近所の方も、まず最初にエクステリアを褒めてくださいます

家は、エクステリアとお庭を含めて”トータル”で考えた方がいい

ーーーエクステリア・庭づくりを通して、たくさん気付かれたことがあるのでは。これから新築される方にアドバイスをいただけますか?

ご主人さま家は、エクステリアとお庭を含めて『トータル』で考えたたほうがいいと思います。もちろん家の中も大切ですが、エクステリアはそれと同じくらい過ごしやすさに関わってきます。知人が家を建てるときは、「5:5くらいでエクステリアにも力を入れた方がいいよ」とアドバイスしています。

奥さま: 私は、みなさんに『家から見える景色をイメージしながらつくるとステキになる』ということを知ってほしいです。『家から見える景色が変わるだけで、こんなに気持ちよく過ごせるんだ!』っていうことを、暮らしてみてあらためて実感しました。

それと、庭で過ごす時間のことも考えてほしい。たとえ土地がなくても、小さな空間をつくるだけで豊かな時間が生まれます。でも「お金をかければいい」というわけではありません。センスの良いプランで適切なお金をかけることが大切。そういう意味で、私たちはカエデスタイルさんに出会えて本当によかったです。

お客様インタビュー・口コミ