KAEDE STYLE

資料請求
無料相談会
電話で相談

新築エクステリア事例 #662

立体感を演出するファサードエクステリア

玄関前のデザインウォールと一体化したフレームがファサードに立体感を与えます。

空間に広がりをもたらす、横方向のラインを意識したデザイン。

タイルの質感が柔らかく色合いもGOODです。

インターホンは独立タイプ。シルバーのカバーが高級感を演出します。

アプローチ周りの植栽が完成度を一段と高めます。

Before(リフォーム前)

DATA物件データ

  • 福岡市

空間に広がりをもたらす、横方向のラインを意識したデザイン。

タイルの質感が柔らかく色合いもGOODです。

インターホンは独立タイプ。シルバーのカバーが高級感を演出します。

アプローチ周りの植栽が完成度を一段と高めます。

Before(リフォーム前)

REQUESTご要望

  • 細いアプローチを印象的に。
  • 前面道路の通行量が多いので、玄関を目隠ししたい。
  • どの方向から見ても雰囲気良く見えるエクステリアにしたい。

POINTご提案のポイント

新築に伴うエクステリア計画。
建物から前面道路までのスペースが限られている中、アプローチ機能とデザイン性を両立させるプランです。
シンプル・スタイリッシュ・モダン等のキーワードを考慮しながら、施主様と微調整を行い完成となりました。

玄関前の存在感のある意匠壁と、そこからつながるポーチ屋根とフレームが立体感を演出しています。
植栽の量、ライティング、素材感、立体感、等のバランスが取れた仕上がりになったと、施主様にもご満足頂く結果となりました。

空間の制約がある中でのプランニングは、削ぎ落とすプロセスが大事だと改めて実感した作品です。