KAEDE STYLE

資料請求
無料相談会
電話で相談

新たな発想でつくる
エクステリア・ガーデン

現在、住宅の外まわりは、エクステリア(外構)とガーデン(庭)の2つのスペースに区切って考えられています。
主に、前面の道路に面し、住宅の新築時に付随するもの
(駐車スペース、門柱、門扉、アプローチ、フェンス…etc)をエクステリア(外構)と言い、
リビングに面したプライベートな外の空間のことを
ガーデン(庭)と呼んでいます。
「質の高いエクステリアやガーデンとは何か」を考えたとき、次の2つの発想に至りました。

従来のエクステリア・ガーデン
新たな発想でつくるエクステリア・ガーデン

デザイン性の高いエクステリア

住宅と共につくられるエクステリアは、車や人の使いやすさ・建物との一体感・まちなみを作るデザイン・住まいの資産価値など、多くのことを考慮して造られるべき重要な空間です。しかし、これまでの建物重視の家づくりにおいては、あまり重要視されてきませんでした。「とりあえず」つくられることも多いエクステリア。そして、そんなエクステリアの使い勝手や見た目の悪さに後悔しているお客様と接するうちに、エクステリアのデザインを革新的に変えて行きたいと思いました。
「住まいの顔」であるエクステリアのデザイン性を追求することにより、家自体の価値を高めるだけでなく、帰ってきた時に疲れを忘れる、そんな空間をつくります。

住む人のライフスタイルに合わせた特別な庭

「庭はぜいたく品」
「狭い土地だから庭はつくれない」
そんな思い込みをくつがえす庭づくりを行います。
建物とつながり、人が集まり、敷地の隅々までムダのない、自分たちのライフスタイルに合わせた特別な庭。そのような庭をつくることによって、生活の充実感が増し、家族の交流は深まります。また、見逃されがちですがしっかりと考えてつくられた特別な庭は、住まいの資産価値を大きく高めてくれます
カエデスタイルの庭づくりは、オーダーメイドの庭づくり。
従来の眺めるだけの庭ではなく、趣味や交流を心から楽しめるプライベートな空間をつくります。

エクステリア商品