KAEDE STYLE

新築エクステリア事例 #2414

ゲート付きカーポートのある邸宅

駐車場の目地は屋根やカーポートの水平ラインに合わせた

2台分のカーポート。雨の日の車の乗り降りも快適

ゲートを開けた状態

エントランスのタイルは、敷地の広さに負けない大判のものを使用。

門柱の壁には季節を感じられる植栽

夜のライトアップ。

階段の蹴込み部分にラインライトを入れて、スタイリッシュな印象に。

DATA物件データ

  • 新築
  • クローズ外構
  • ゲート
  • カーポート

駐車場の目地は屋根やカーポートの水平ラインに合わせた

2台分のカーポート。雨の日の車の乗り降りも快適

ゲートを開けた状態

エントランスのタイルは、敷地の広さに負けない大判のものを使用。

門柱の壁には季節を感じられる植栽

夜のライトアップ。

階段の蹴込み部分にラインライトを入れて、スタイリッシュな印象に。

REQUESTご要望

  • クローズ外構にしたい。
  • 来客にも対応できるよう駐車台数を確保したい。

POINTご提案のポイント

建物の裏側には豊かな森が広がり、鹿など野生の動物も顔を出すという自然と隣接した土地。
「周りの環境が気に入って、この場所に家を建てることにしました。」という施主さま。
建物にマッチするようなクローズ外構をご希望でしたが、特に熟考したのが「どの位置でクローズするか」。来客の一台分を道路からセットバックした位置にゲートを設置することで、来客時にゲートを開けなくとも車を停めることが可能に。
全体のデザインは、カーポート、屋根、階段などの水平のラインを強調し、バランスよく整えました。エントランス屋根は、奥側の目立たせたくない部分にはブラックの柱を選び、表の目立つ部分には丸いシルバーの柱でデザイン性を出すなど細やかなディティールを大切にしています。
周囲の環境との一体感もありながら、建物の迫力に負けないこだわりのエクステリアです。